歯・歯ぐきが痛い歯・歯ぐきが痛い

虫歯治療(歯が痛い)

虫歯の原因
虫歯の原因
お口の中には、300種類以上の細菌がいるといわれています。
歯垢1mg中には1億匹以上もの細菌が存在し、その細菌が歯を溶かす酸を作り出し、これが虫歯の原因となります。

虫歯になると

虫歯になると

歯の表面のエナメル質を溶かすだけでなく、さらに歯垢が歯につきやすく細菌の住処を作ります。虫歯はこれを繰り返して、エナメル質から象牙質、そして歯髄(歯の神経)へと徐々に進行していくのです。

虫歯のチェックポイント

虫歯のチェックポイント

歯周病(歯ぐきが痛い・出血する)

虫歯になると
歯周病の原因
歯周病の原因は歯垢です。歯垢が原因となりお口の中で歯周病菌が増殖すると歯の支える土台となる歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまう自覚症状の無い病気です。

歯周病になると

歯周病になると
歯茎や歯を支えている顎の骨などが破壊され、歯が抜け落ちてしまいます。
お口の中に悪影響を及ぼすだけでなく、歯周病菌が血液を通じて体内に侵入すると、心筋梗塞や糖尿病といった全身疾患を引き起こす原因のひとつになります。

歯周病のチェックポイント

その他

歯の破折

虫歯、歯周病の悪化、歯ぎしりやくいしばり、また外傷によって起こります。

知覚過敏

代表的な症状は、冷たい飲み物や食べ物が歯にしみたり、歯磨きの最中に歯ブラシの毛先が歯に当たったりするとぴりっとした鋭い痛みを感じたりします。

根尖病巣

虫歯になり痛くないからと放置しておくと、神経組織のある根の根に細菌が入り込み、そこで増殖し、歯の根の先の顎の骨を溶かし膿みの袋ができます。また、神経の処置をしたことのある歯にもおこります。

咬み合わせによる負担過重

歯に無理な力が継続してかかると痛みとして現れることがあります

PAGE TOP