歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

虫歯の原因
失ってしまった歯を補うために
虫歯や歯周病、止むを得ない事故などでご自身の歯を失ってしまったら、歯の機能を補うために、早急に欠損部の治療を受ける必要があります。

失ってしまった歯をそのままにすると

1本歯を失っただけで、他の健康な歯にも様々な弊害をもたらす危険性があります。 支えを無くした両側の歯が倒れてきたり、咬み合せの相手を無くした反対側の歯が伸びてきたり、身体全体のバランスまでも崩してしまう可能性もあります。

治療方法

治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントといった治療法があり、近年注目されているのがインプラント治療です。

インプラント治療とは

インプラント治療
歯を失った顎の骨に生体親和性の高いチタンでできた人工歯根を埋め込み、その上に美しいセラミックなどを使った人工歯を装着して歯の機能を回復する治療法です。

メリット・デメリット

入れ歯治療とは

入れ歯治療
歯型を採取して、人工歯を作製する方法です。
歯を失った際の補綴治療として用いられる最もポピュラーな治療法が入れ歯治療です。

メリット・デメリット

ブリッジ治療とは

ブリッジ治療
両隣の歯を支えにし、橋をかけるように連結した人工歯を被せる方法です。

メリット・デメリット

PAGE TOP