入れ歯が痛い・咬めない

義歯が痛い・咬めない

虫歯の原因
義歯が合わない原因
「支える顎の骨不足」「残っている歯の問題」などで当初から合わない場合と「骨の変化」「義歯の汚れ、摩擦」「熱や乾燥による変形」など使用しているうちに合わなく場合があります。
義歯はお口のリハビリテーションの道具です。お口にぴったりと合ったものを作製し、使い方をトレーニングしていくと快適に使うことができます。
お口の中は、日々変化をしているため、義歯を作製した後も少しずつ変化する口腔内環境に合わせて調整していく必要があります。

咬めない義歯にしておくと

咬めない義歯にしておくと
「顎の骨の変形」「歯肉の炎症」「噛み合わせの問題」により痛みや吐き気、発音の障害、味覚や食感の損失が発生する恐れがあります。また柔らかいものが中心の食事になり栄養バランスが崩れる恐れがあります。
義歯は失った歯を補う補綴(ほてつ)治療の中でも、長い歴史を持つ治療法です。
現在も多くの方が選択されているものの、お使いの方の中には使用感が悪くて「痛い」「すぐ外れる」「よく噛めない」といったお悩みを抱えている方は少なくないようです。

義歯にお悩みの方へ

これまでの義歯のイメージといえば、
・噛む力が弱い
・硬いものが食べにくい
・装着時に違和感がある
・ズレやすい
・バネが見えて審美性に欠ける
といったマイナスイメージを持たれているかと思います。
これは、しっかりした診査・設計が行われていなかったためと考えられます。
そのため、当医院では、できるだけ精密な設計のもと作製された義歯をご提供しています。

石川歯科診療所の取り扱い義歯

プラスチックの義歯

保険適用のため、最も多く作られている義歯です。
補修が容易ですが、金属床より壊れやすく汚れが付着しやすいです。

プラスチックの義歯
金属を使用した薄い義歯

薄く作れるため装着時の違和感が少ないため、会話しやすく温度を感じるため食事もおいしく食べられます。
また、割れにくい、変形しにくい、汚れにくくお手入れが簡単というメリットもあります。
※留め具を歯と一体型にしたアタッチメント義歯も扱っております。

金属を使用した薄い義歯
バネの見えにくい義歯(ノンクラスプデンチャー)

歯にかけるバネが見えにくい義歯です。
見た目が自然なのはもちろん、薄く作れるため装着感に優れています。
また、吸水性が少ない素材を使用しているため変色しにくく、長期使用が可能です。

バネの見えにくい義歯(ノンクラスプデンチャー)
インプラントを併用した義歯

顎の骨に埋め込んだインプラント(人工歯根)に装着する義歯です。
義歯をしっかりと固定できるため、噛む力が回復します。
歯茎への負担が減り、義歯を小さくすることもできます。

インプラントを併用した義歯

PAGE TOP