咬み合わせが気になる

咬み合せが気になる

虫歯の原因
咬み合せが悪くなる原因
咬み合わせとは、歯1本と1本の位置関係のことです。
上下、左右、前後の位置関係が崩れると、咬み合わせが悪くなります。
咬み合わせが悪くなる原因として、歯が痛くなると、他の場所で咬むようになり顎の位置が狂ってしまい顎に合わせて歯の位置も変わり、咬み合わせが悪くなる。
ほおづえや指しゃぶりも、咬み合わせを悪くする原因になります。

咬めない入れ歯にしておくと

一番望ましい咬み合せは、下顎の筋肉がもっともリラックスし、自然な状態になる位置とされています。
咬み合せが悪いままにすると、

顎関節に負担がかかります。
顎関節に負担がかかります。→顎関節症のページへ

顎に負担をかけ続けると、顎関節症になる恐れもありますので、早めの治療が肝心です。

頭痛・肩こり
頭痛・肩こり

頭と顎は非常に近い位置にあり、顎の筋肉が緊張すると血行が悪くなり、頭への血流がうまく運ばれずに頭痛になったり、首や肩こりの症状へと繋がります。

発音障害
発音障害

きちんと咬み合わない歯には隙間ができやすくなります。そのため、息が漏れたり舌っ足らずになったりしてキレイに発音できなくなります。

歯の破折・咬耗(すり減り)
歯の破折・咬耗(すり減り)

人間の咬む力(咬合力)によって歯の根にヒビが入ったり、割れてしまうことを歯根破折といいます。
咬み合せが悪いと破折や歯のすり減りを引き起こしてしまいます。

虫歯、歯周病の急速な悪化
虫歯、歯周病の急速な悪化

咬み合せが悪いと、ものを咬むときに特定の歯や顎の骨に力がかかり、虫歯や歯周病を悪化させる原因になります。

咬み合せが正しくなくても、すぐに症状として現れるわけではないため、咬み合せが正しくないことに気付いていない人が多いと言われています。

咬み合わせは、顎周辺や口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼします。
お口の中の健康だけでなく、全身の健康のために、咬み合わせを正しくすることが大切です。

日本顎咬合学会認定医

日本顎咬合学会認定医
顎咬合学ならびに関連する領域の臨床に深い知識と経験を有し、日常の臨床でそれを実践している歯科医師に日本顎咬合学会より「認定医」の資格を与えられます。
学会主催の学術大会、教育研修会などへの参加で研鑽を積み、さらなる資質の向上に努めています。

PAGE TOP