子供の歯が心配

お子様の歯のために、家族が出来ること

子供の歯のために、家族が出来ること
子供の歯のために、家族が出来ること
子供の歯について一緒に考えましょう。
子供の乳歯はまだ柔らかく、虫歯になりやすく、きちんと歯磨きの習慣をつけないと歯肉炎を引き起こしてします。
また、歯並びは、発音・咬む・見た目の機能面を維持するためにも大事な子供の歯を守るためにも、私たちと一緒に考えて行きましょう。

ご家族の方へ

ご家族の方へ
治療が済んだ歯は、その状態をキープすることが大事です。
もちろん、治療する前から、何も歯に異常のない状態から通院されるのが一番です。
歯医者さんは「痛い治療」をしに行く場所ではなく、お子様には、クリーニングして歯をキレイにしてもらう場所だという良いイメージが持てるようご協力をお願いします。

子供の歯の予防

虫歯の予防

シーラント
シーラント

奥歯の溝の形は複雑で、食べかすなどがつまりやすく、一度入りこむとなかなか取れません。
毎日きちんとみがいているつもりでも、磨き残しがでて、そこから虫歯になってしまうこともあります。
それを防ぐのが、「シーラント」という予防処置です。
シーラントは時間がたつとすり減っていくため、定期的に処置を受けましょう。

フッ素塗布
フッ素塗布

フッ素には歯や骨を丈夫にする作用があり、虫歯予防に効果があります。
食事をすると酸によって歯のカルシウムやリンなどミネラルが溶け出します。通常は唾液の効果で元に戻りますが子どもの歯は質が弱く虫歯になりやすいです。
そこで石川歯科診療所では、フッ素を歯の表面に塗って歯質の強化をはかります。
再石灰化がうながされ、虫歯菌のだす酸に溶けにくい強い歯にすることで、虫歯の予防効果が期待できます。

歯肉炎の予防

歯肉炎の予防

歯肉炎は細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)が引き起こす歯肉の炎症です。
正しい対処をすれば回復します。

歯肉炎はきちんとしたブラッシングで予防出来ます。
正しいブラッシングは、「歯肉炎」だけでなく「虫歯」の予防にもなります。
歯ブラシの仕方に不安のある方は、お気軽にご相談下さい。

歯肉炎のチェックポイント

歯肉炎のチェックポイント

このような症状があったら、すぐにご相談下さい。
大人になって歯周病にならない為に、今から予防しておくことが大切です。

小児矯正

小児矯正
歯列矯正は大人でも子供でも行うことが出来ますが、小児矯正の方が顎が成長段階にあるので、コントロールしながら矯正できる点と歯を抜く必要のある確率が減るということがが大きな違いです。
目安としては、6〜14歳頃が最適な年齢です。
できることならなるべく早い段階で矯正治療を始められることで、幅の広い治療方法を選択することが出来ます。
石川歯科診療所では、カウンセリングを行っておりますので、ご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

咬合誘導

咬合誘導(こうごうゆうどう)とは、乳歯列から、混合歯列 永久歯列へと完成していく過程において歯および顎、頭蓋の発達成長を乱す因子を早期に発見、取り除くことで、健全な永久歯咬合へ導く方法です。
石川歯科診療所では、お子様の歯科治療にあたっては、いつも咬合誘導を頭において、治療に取り組んでいます。

小児トレーニング

石川歯科診療所では初めてのお子さまに治療前のトレーニングを実地しています。
治療前に少しでも歯医者に慣れてもらい「怖い」「痛い」イメージを無くし、楽しく通院してもらえるよう心がけています。乳歯のうちから虫歯がある場合、永久歯になっても虫歯になるリスクが高いため定期的に来ていただく事をお勧めしています。
お子さまによってトレーニング時間は異なりますが最後はみんな自信をもって自分でできるようになります。

小児トレーニングのイメージ
慣れる
まずは診療用の椅子に座る練習からします。うがいの仕方や歯ブラシの練習をします。不安や緊張をほぐし、安心して治療に臨んでもらいます。年齢や慣れるまでの個人差はありますが、大丈夫だと判断ができましたら、原則、保護者様は待合室で待っていただきます。
次へ
小児トレーニングのイメージ
慣れる
歯医者さんや歯について「なぜ大事か」を分かりやすく説明し、次に治療に使用する機器、器具を紹介します。
また痛くなってからではなく、病気にならないように歯医者に来ることが大事という事を知ってもらいます。
次へ
小児トレーニングのイメージ
慣れる
お口を開ける練習をしてから実際に器具をお口の中に入れ慣れてもらいます。
次へ
小児トレーニングのイメージ
慣れる
治療室にも慣れ先生とのコミュニケーションもとれてリラックスができた状態になりましたら治療を進めていきます。
治療内容についてある程度理解をしていただいてるため安心して治療を受けていただけます。

園医

小児矯正
石川歯科診療所では2017年より「アートチャイルドケア マミーナ仙川」様、「ブライト保育園仙川」様の園医を担当させていただいております。お子さまに合わせた治療を行っておりますので安心して来院いただけます。

年齢別予防法

年齢別予防法

年齢別予防法

虫歯は親から子にうつるのですか?
人が食べているものにとても興味を示すようになりました。
虫歯菌の感染予防のために大人が口をつけたものは与えないようにしています。
このまま続けていたほうがよいでしょうか?
虫歯は一種の感染症です。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌はいません。
虫歯菌をはじめとした口の中の細菌は、出生後の生活の中で、身近な大人からおもに唾液を介して伝播されます。虫歯菌は、いちばん身近で食事や世話をする母親から伝播されることが多いのですが、父親や祖父母や保育者、同年代の子どもから伝播が起こることもあるでしょう。
あまり気にしすぎると、子供とのスキンシップも少なくなって、子どもが疎外感を持ってしまうかもしれません。また、一緒の食事を楽しむ雰囲気が損なわれるかもしれません。周囲の人たちが口腔ケア(歯磨きなど)をきちんと行っていれば、唾液中の菌も少なくなるため、虫歯菌の伝播の機会も少なくなります。
転んで歯が欠けてしまいました。どうしたらよいでしょうか?
2歳の男の子です。公園で遊んでいて、転んで歯をぶつけてしまいました。上の前歯の片方が斜めに欠けています。すぐに歯科を受診する必要がありますか?
欠けている部分が大きめでしたら、早めに受診したほうがよいでしょう。
1〜2歳にかけては、一人歩きが始まり動きも活発になりますが、まだ歩き方もやや不安定で転びやすい時期です。また体全体の中で頭部の比率が大きいため、頭から先に転びやすく、歯の外傷も多くなります。歯が欠けた場合、欠け具合で必要な処置が違いますが、見た目で歯が欠けているのが分かるような状態では、神経に近いところまで欠けていることも考えられるので、できるだけ早く歯科受診することをおすすめします。
指しゃぶりをやめないと出っ歯になるのですか?
2歳半になりましたが、まだ指しゃぶりがやめられません。指しゃぶりは歯並びに悪い影響があると聞きましたが、歯科矯正は費用もかかるし、なるべく避けたいのですが、いまからでも指しゃぶりをやめれば大丈夫ですか?
長時間の指しゃぶりや、強い力で指をしゃぶっている子どもに
問題が生じやすくなります。
通常、乳歯列の噛み合わせの判断は、乳歯の奥歯が生え揃う2歳半から3歳以降に行います。それまではあまり心配せずに様子をみてもよいでしょう。
4〜5歳までの長時間の指しゃぶりが続くと、上の前歯が突出したり(上顎前突)、奥歯で噛んでも上下の前歯が噛み合わなくなったり(開咬)、上顎が狭くなって奥歯の噛み合わせがずれたりすること(交叉咬合)が多くなります。

PAGE TOP