歯並びが気になる

歯並びが気になる・うまく咬み合っていない気がする

歯並びが気になる

・どんなに丁寧に歯磨きをしても虫歯になってしまう。
・歯並びが気になって、口元を手で隠してしまう。
・喋ったときの滑舌の悪さが気になる。
このようなお悩みをお持ちの方は、当医院までお気軽にご相談下さい。
矯正治療を受ければ、見た目はもちろん咬み合わせも整うため、食事や会話をより楽しめるようになります。
目立たない、見えない矯正にも対応しております。治療中の見た目が気になるといった方も、先ずはご相談下さい。
当院では、それぞれ専門医の立場から虫歯や歯周病などの治療を含め、総合的なご提案を行っています。

不正咬合とは

不正咬合とは
悪い歯並びを総称として「不正咬合」といい、良く咬めないだけではなく心身にこのような悪影響を与えます。
反対咬合(下顎が出ている)、上顎前突(上顎が出ている)、叢生(歯が前後している)、開咬(歯が咬み合わない)などがあり、これらを総称して不正咬合といいます。
一般的に矯正治療は成長期のお子さんが対象と思われがちでありますが、近年大人の矯正治療である成人矯正の患者さんが急増しています。
若い成人はもちろんのこと、対象年齢層は壮年、老年を問わず、幅広く受診されるように なってきております。

不正咬合が引き起こすトラブル

口は「ものを食べる」「言葉を話す」ためにあります。
咬み合わせが悪いと咬む力が弱くなり、さらに消化が悪くなったり顔色にも影響を及ぼすことがあります。
発音の際にも歯並びが悪いと歯と歯の隙間から空気が漏れる等によって正しく発音することが困難になることもあります。

噛み合せが悪いと

治療方法

矯正装置によって、特徴は様々です。
各装置のメリットやデメリット、矯正治療中の注意点などをよく確認して、ご自身に合った治療方法を選択しましょう。

ワイヤーを使った治療

歯の表側に接着する金属性のブラケットです。矯正治療と聞いて多くの人が想像するのが、この金属製の矯正装置です。

ワイヤーを使った治療
メリット・デメリット
マウスピースを使った治療

ワイヤーやブラケットを使わず、透明で薄いマウスピース型の装置を用いて歯を動かします。
装置は自分で取り外し可能です。

マウスピースを使った治療
メリット・デメリット
補綴(人口の歯)による矯正治療

歯を削って被せ物を被せたり、場合によっては歯を抜いてブリッジにしたり歯並びがよく見えるように人口の歯を入れる治療方法です。

補綴(人口の歯)による矯正治療
メリット・デメリット

矯正医の紹介

矯正医の紹介
飯塚 美穂

矯正治療は子供の矯正から、部分矯正や本格矯正まで適応も様々です。
丁寧な説明と正確な診断にて進めていきます。
健康的な咬み合わせと美しい口元でより快適に生活を送ることができるよう治療を行っていきます。

【略歴】
東京歯科大学卒業
東京歯科大学水道橋病院助教

日本矯正歯科学会 認定医
東京歯科大学千葉病院 矯正歯科専門専修
東京歯科大学水道橋病院 矯正歯科 助教
現在、石川歯科診療所にて 矯正治療を担当

PAGE TOP